MENU

青魚サプリランキング@DHA&EPAを摂ろう!

青魚サプリランキング

 

青魚サプリとは、青魚に含まれる不飽和脂肪酸(DHAやEPA)を配合したサプリメントのことをいいます。DHAやEPAには、血中のコレステロールや中性脂肪などを減らす働きがあり、ドロドロな血液をサラサラにする作用があります。そのため、命の危険となる動脈硬化や高脂血症などの予防につながるといわれています。また、最近では、DHAやEPAが脳の活性化に繋がることから認知症や脳卒中などにも効果があるとされています。

 

当サイトでは、貴重な不飽和脂肪酸(DHAやEPA)を豊富に配合した青魚サプリを紹介していますので、どうぞ参考にしてください。

 

青魚サプリ人気ランキング
きなり当サイトから限定モニター募集(通常よりお得)
きなりは、青魚に含まれる貴重なDHA・EPAをたっぷり含んだサプリメントです。国が推奨する目安量の半分がきなりを飲むことで補給できることから健康診断が不安な人や健康に気を遣いたい人に喜ばれています。さらに、体の隅々にまで栄養を届けるナットウキナーゼや吸収率を助けるクリルオイルなども含まれており、青魚パワーをしっかり摂りたい人におすすめです。

 

小林製薬のDHA&EPA EX
DHA・EPAは、中性脂肪を減少させて、血液をサラサラにする働きがあります。DHA・EPAが配合されたサプリメントはたくさんありますが、その中でもDHAとEPAの配合量が多めなのが小林製薬のDHA&EPA EXです。1袋には150粒入っています。1日の目安が5粒、約1ヶ月分入っていて2,625円で、1日当たり87.5円。続けるにはお手軽な値段です。初回のみ半額で購入が可能です。

 

小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセット
小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAには、1粒あたりにDHAを67mg、EPAを13mgとたっぷり凝縮されているので、1日1粒飲むだけで必要量がカバーできます。日本が世界に誇る健康食品とも言われている納豆の栄養素でもあるナットウキナーゼは、血栓溶解作用があり、血液をサラサラにする効果があります。

 

 

VCOサプリメント
VCOとはヴァージンココナッツオイルのことです。新鮮なヴァージンココナッツオイルを飲みやすく凝縮してカプセルにしてあります。中性脂肪の燃焼を助け、悪玉コレステロールの異常発生を防いで、血液をサラサラに保ちます。製造方法も添加物を使わず、天然成分の良さをそのまま体内に取り込むことができます。中性脂肪が多い人には、ぜひ飲んでもらいたいサプリメントです。

 

イマークは、中性脂肪値を下げることで効果のある青魚由来のEPAをたっぷり配合した、日本で初のEPA特定保健用食品です。さらにイマークSは、DHAも配合することで、中性脂肪を効率的にブロックしました。ドリンクタイプのサプリメントで、1日1本、2ヶ月続けると中性脂肪が20%も減少したという報告もあるほどです。

 

青魚サプリの正しい選び方

 

日本人は古くから魚をよく食べてきました。特に青魚には脂肪分の少ない良質なタンパク質やサラサラな脂分DHA・EPAがあり、人のカラダに必要不可欠な成分が含まれています。しかし、最近になり魚離れが多くなっています。そのため、現代の食生活では、コレステロールが上がるような食事ばかり摂取し飽和脂肪酸がカラダに多く溜まり、魚に含まれる不飽和脂肪酸が不足している状態になります。不飽和脂肪酸には血中のコレステロールや中性脂肪を調節する働きがあるがあり、青魚には含まれているので積極的摂らなければなりません。
ですが、妊娠している方などは青魚を必要以上にとることはおススメ出来ません。その理由は一部の青魚には水銀を含んでいるものもいるためです。特に大型の青魚には水銀が多く含まれているので食べる時はなるべく注意が必要です。そこで、水銀が心配の方や魚自体が苦手とされている方は、青魚サプリを飲んでDHAとEPAを摂取していくことを摂ることがいいでしょう。

 

サプリメントを選ぶ基準ですが、DHAとEPAが摂れ、新鮮な魚を使い、酸化防止を行っていることが重要になります。DHAとEPAは一緒に摂取すると効果があり、生魚であると水銀など量に注意が必要です。また、DHAとEPAは非常に酸化しやすいので抗酸化作用のあるビタミンEが含まれているものを選ぶことがベストです。特に時間がたつと効力を失っていくDHAとEPAには酸化防止は大切になります。

 

青魚の効果

 

青魚には人間のカラダを構成するために必要なDHA・EPAという栄養素があります。なので、青魚を多くカラダに摂りこまなければなりません。そもそも、DHAにはマグロなどに多く含まれていて不飽和脂肪酸が主にありますそれによってDHAの効果は血液をサラサラにする効果があり、血中の脂肪酸やコレステロールを調節する働きがあります。また、目の網膜にも効果があり、老眼や白内障にも効果が期待できるそうです。そして、脳の活性化もあり記憶力や観察力に効果があります。

 

年齢が上がるにつれて脳が著しく衰えてくるのでDHAを摂りこむことで老人のボケ防止や痴呆などの改善に期待されます。また、DHAには血流の流れを良くする働きがあり血栓などが引き起こさない働きがあります。次にEPAの効果ですが、主に動脈硬化の予防とアレルギー症状の軽減または改善、中世脂肪の減退があります。

 

特にEPAにはコレステロールや脂肪酸などを調節する働きがある飽和脂肪酸が含まれています。そのため、血中がサラサラになり動脈硬化を予防することに効果があると言われています。また、EPAを多く摂取すると心疾患にかからないと言われ、特に青魚を主食にしているイヌイットなどでは心疾患がほとんど認められないというデータがあります。

 

青魚は美肌におすすめ

 

青魚に含まれているものの中でDHA・EPAが代表としてあげられます。DHA・EPAを摂取することで記憶力や視力の向上、喘息や花粉症を抑制し、脳の活性化にも繋がります。また、その他にもガンや動脈硬化・脳梗塞・脳卒中・高血圧などの病気をも予防し血液をサラサラにする効果もあり、健康を維持するための様々な作用があります。

 

しかし、昨今では健康のみに効果があると期待されてきましたが、他にも美容効果としても注目が集まり主にダイエットにも効果があると期待されてきました。DHA・EPAには、脂肪を作る遺伝子を抑える働きがありそれによって体脂肪の増加を自然と抑える働きがありますさらに、基礎代謝を高める効果があるのでカラダにある体脂肪の燃焼を補助したりするため、体脂肪が増加することを抑えながら体脂肪の燃焼をほぼ同時に行うのでダイエットへと繋がっていくのです。

 

特に肥満で悩んでいる方の中にひざに痛みを抱えている方も少なくありません。さらに中年の女性はひざの痛みから関節炎に悩まされている方も少なくありません。この場合、青魚に含まれている魚油が関節炎の治療に効果があると判明しています。青魚を摂取することは大事ですがなかなか魚を食べる機会がないといった人もいるため、サプリメントなどを利用するのも一つの手です。最近では、多くのDHA・EPAが含まれたサプリメントも出ていますので積極的に摂取して、体の美容と健康維持に役立てましょう。

 

青魚はうつ病対策に良い

 

青魚には豊富な栄養素があり、それらがうつ病に対して効果的であると言われています。その理由としてDHAとEPAのふたつが関係してしています。青魚がうつ病に効果があるのは魚油と呼ばれるもので脳の神経細胞の膜や伝達物質の受容体の膜の成分でサプリメントとして抽出すれば効果は飛躍的にあがります。ですが、昨今うつ病患者が増加した理由の中に魚離れ、あるいは魚を食べる量が今の日本人は少なくなっています。

 

それは、海外文化が日本に入ってきたことにより肉、ソーセージ、ピザ、ファーストフードからの飽和脂肪酸やマーガリンに含まれる非天然型のトランス型脂肪酸の接収量が増えていることが原因だと考えられます。これにより、脳の神経細胞の膜や伝達物質の受容体の膜といった部分が硬くなり、神経細胞が受け取る伝達物質やビタミンB群の量が限られてしまい受け取ることが困難になってしまいます。それによってビタミンB群が不足してしまいエネルギー欠乏となり、うつ病が発症してしまうというわけです。ですので、ビタミンB群を上手く体内に摂取することで脳内にエネルギーが十分に行きわたりうつ病を防ぐことが出来ます。

 

このことからファーストフードなどトランス脂肪酸を含むものはなるべくさけ、魚などをとるよう心がけましょう。体の健康を維持するためにも、青魚に含まれるDHAとEPAは非常に重要な栄養素です。現在、うつ病に悩んでいる方、もしくはそれに近い方は青魚を中心とした食生活に替えてうつ病の改善として試してみては、いかがでしょうか?

更新履歴